DSC_0013.JPG
運も実力のうち。とか言いますけど運を引き寄せる下地みたいなのってやっぱりありますよね。
そう言うのが積み重なって結果的に獲た良運はその後も無駄にはならず続くものだと思います。

今年は子ども達がそこそこの節目を迎えていまして、ベニオは短大卒業で念願の保育士に。。
次女のチヒロは高校受験。


僕自身好きなこと、興味のわくことを仕事にしていますから子どもたちにも好きなことや興味のあることを仕事にしなさいと常々言っていてひとつの分野に注力する事の大切さを日々の生活や習慣からなんとなくゆるく感じているんだと思います。

きっかけは普段の生活の中から見付け出す視野の広さと知りたいと思う心の寛容さからくる気持ちなんだろうなぁーと感じますね。


以前チヒロからお父さんのレストランは誰が継ぐの?的な問いが有りまして、
あら随分一般的な質問だなと思いましたが結構真面目に答えました。
なんせ家にはフランス関連の本が山のようにありフランス料理屋の娘ですから小さい頃から当たり前の環境で過ごしたからこそ出る言葉なのでしょうか。

僕は即答で答えましたよ。お父さんのあとを継げる人は居ないしチヒロにそれを期待する事は今後も無いから自分がやりたいことや興味のあることを追及しなさい。って(笑)
そりゃ生きるか死ぬかの自営業なんだから好きじゃなけりゃ続くはずが無いし後継ぎさせるなんて考えがそもそも無い。


会社そのものは残しておくかもしれないけど事業は生き方そのもの。子どもたちに言ったように僕も好きなことを仕事にして興味のあることを追及していますからね。

気持ちは理解できるけど僕とチヒロは別な人間なんです。

親子という関係はこれから一生変わらないけど僕の世界観を子どもに強要するつもりもありません。
ただ、大局的な感覚とかは常に伝えてはいます。


簡単に言えば理想像を親が作ってないわけですが自らの体験を通して自分で見付け決めた高校へ無事合格。
結構ハードルは高かったのですが、珍しい都立でしたしやりたいことが出来る事になって良かったね!と思っています。

特に塾へ行って詰め込むわけでも無くまさに自力で倍率の高い推薦枠での合格は学力だけではない何かがあったからこそでしょうね。

これからも運を引き寄せる下地をコツコツ作って歩んでほしいもんです。



関連する記事
コメント
コメントする